事務所方針

当事務所が目指すこと

 当事務所は、単に記帳代行や税務申告のみだけではなく、御社が永続的に発展していくためのご支援をしたいと思っています。企業の永続的発展には、「黒字決算の実現」と、「対外的な信頼構築」が必要不可欠です。経営環境がめまぐるしく変化する昨今においては、“経営者のカン”やタイミングが遅い情報を基に経営していたのでは、手遅れになってしまいます。会計を活かして自社の「いま」を「正しく」知ることが、黒字化するため重要と考えています。また一方で、いくら儲かっていても、信頼されない企業であれば継続は難しいと思います。
 当事務所は、月次訪問(月次巡回監査と呼びます)を土台として、自計化体制の構築支援、業績管理体制の構築支援、事業計画の作成支援、企業防衛対策、適法な節税対策などを通じ、御社の黒字化を実現するためのご支援をして参ります。また、適正な決算書(中小会計要領等に準拠した決算書)・適正な税務申告を通じ、御社が対外的な信頼が得られるようご支援して参ります。

2つのお願い

 当事務所は、御社の永続的発展をご支援するため、上記方針を徹底して参りたいと考えております。そのために御社にもご理解頂きたいことが2つございます。

「自計化体制・月次決算体制の導入を目指します」

 自社の「いま」を「正しく」知るためには、企業自らが記帳(自計化といいます)し、月次決算(毎月の損益を把握していくこと)を行っていくことが必要と考えております。当事務所では原則として、伝票の入力や帳簿書類の整理等の記帳代行業務は行いません。その代り、会計ソフト導入や操作方法のご説明を含め、御社が自ら記帳を行える体制作りを徹底的にご支援し、毎月の訪問時に記帳された内容の全てをチェックいたします。

「脱税及び粉飾の相談には一切応じません」

 脱税(違法な手段で税金を免れる犯罪行為)は、御社の社会的信頼を著しく下げ、必ず永続的発展を阻害する要因となるものです。よって、当事務所は脱税相談には一切応じることはできません。一方で、適法で健全な節税対策は積極的にご提案致します。
 また粉飾(売上や利益の水増し)についても、同様に御社の社会的信頼を下げるものであり、かつ正しい業績を知ることができなくなることから、やはり永続的発展を阻害する要因です。よって、当事務所では粉飾相談にも一切応じることはできません。なお金融機関等に対しては、たとえ業績が悪化していても、適正な決算書と事業計画を通じて、企業の状況を正しく説明し理解を得ることにより、適切な資金調達が可能になると考えております。